2018.3.18 12:20

首相夫人の安倍昭恵さん、2ちゃんねるに悪口をわざわざ読みに行っていた



“善意の怪物” 安倍昭恵が最後に破壊するもの

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180317-00006607-bunshun-pol&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180317-00006607-bunshun-pol&p=1

記事によると
・“エゴサ”なる言葉のない時代に、取り憑かれたようにそれをし、熱心に自分の悪口を読んでいたひとがいる。首相夫人の安倍昭恵である。

・石井妙子 「安倍昭恵『家庭内野党』の真実」 (文藝春秋2017年3月号掲載)によると、ゼロ年代の安倍政権時代、昭恵夫人は自分がネットにどう書かれているか、2ちゃんねるに至るまで読んでいたという。

「“バカ” “ブス”から始まって、いろんな悪口が書かれている。主人には『落ち込むなら見るな』と注意されましたが、やめられなかった」

・そんな昭恵夫人も、しだいに「みんな役割分担をしているんだ」と思うようになる。悪口を言われるのはそれが自分の役割で、悪口を書く人はそれがその人の役割で、それぞれがそれぞれの役割を果たしているだけなのだと。

・すると、悪口が気にならなくなったのだという。たいへんなポジティブシンキングである。

・こうして生まれ変わったアッキーは、誰とでも気兼ねなく会うようになる。ヤクザの元組長(注1)とも森友学園の籠池一家とも。旦那の安倍晋三は籠池泰典のことを「非常にしつこい」と評したけれども、アッキーはきっと「非常にしつこいのがこのひとの役割」と思ったことだろう。だから「いい土地だから進めて」と、やがて死者を出す事態を招くことになる、国有地売却を後押しする。

・かくして善意の怪物は、その善意でもって、もっとも身近な者の足元を今、破壊しつつある。それが昭恵夫人の役割だったのかもしれない。





この記事への反応



この人は表に出してはいけない人だと思う。

よく言えばお人好し、悪く言えば脇の甘い政治家の奥様に向いていない能天気だと思う

悪気がないなら
直しようがない。
この先ずっと同じ様な事が続く。


ポジティブシンキングは良いことだけど、昭恵さんの役割は悪口言われることではなく、国の為に御主人の為に、自分の言動によってマイナスにならないように考えることではないでしょうか?

要するに首相婦人としては普通なら敬遠するちょっといかがわしい所に行き、スピリチュアルとか常識のある人は手を出さない物に没頭する痛い人なのか。

旦那のために、いや日本のために暫くじーっとしていてほしい。

無邪気さがすごい。悪い人ではないけど、お嬢様すぎて
政治家の妻には向かなかったね。かわいそう。


この人は鳩山由紀夫さんと同じタイプ。相手を思いやり、助けたい。この上ない善人だ。この上ない善人たるがゆえに、善悪の別や自分の立場が分からなくなって、善意による確信犯、無自覚の悪になる。一番始末がつかない。

贈収賄のイメージはないのに、この破壊力はいったい何なんだろう…
小池百合子が、枝野が、野党が束になっても倒せない安倍政権を倒すのはこの人かもしれない。













あんなところにわざわざ自分の評価、悪口見に行くとかそりゃやめろって言われるよ・・・








ねんどろいど キズナアイ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY) (2018-09-30)
売り上げランキング: 1


【早期購入特典あり】ポプテピピック ALL TIME BEST (メーカー特典:A3ポスター)
V.A
キングレコード (2018-03-28)
売り上げランキング: 66