2018.3.23 11:00

【悲報】若者のバンド離れがガチで深刻化! 『けいおん!』ブームも終了して、それに代わるものがない


話題のツイートより

業界の方、曰く若い人達がガチでバンドをやろうとしていないらしい






理由はいろいろ考えられるけれども、
とにかく今バンドをやる若者がゴリゴリ減っているらしい。
楽器店とかでも若者向けの安い楽器は売れなくて、
お金を持っている中高年向けの楽器の方がまだ売れるのだとか。





「中高年というのは基本的に若い頃に楽器をやっていたリピーター
(年食って初めてバンドやろう、という人はあまりいない)、
つまり若者の時点でまずは楽器を始めて貰えないと、
この先業界は先細りになっていく」












4,5年前まではけいおんの人気で若者人気が割と持っていたらしいけども、
今はそういうのがなくてさっぱり、との事。
「バンドリはどうなんですか?」とは何か聞けませんでした



※参考動画

けいおんのバンド描写


バンドリのバンド描写





この記事への反応



そもそも、若者の絶対数がゴリゴリ減ってますしね。
しかも、選択肢はゴリゴリ増えてる。
音楽やりたきゃiPadでもできちゃう


今ならDTMに流れる人も多そうだしなぁ。

バンドリにハマってる子達はどちらかと言うと
声優がやるバンドを応援したいんであって
自分達でやろうという発想には向かってない気がします


音楽やるってなると、今の若い人たちにとっては
DTM→YouTubeってのが最初の選択肢になる。
ビルボードTOP100見てもDJやラッパーばかりで、バンドなんて2-3組しかいないし、
そいつらの音楽性もバンドサウンドじゃなくてほぼEDMみたいなもの。
そもそもバンド自体がもう時代遅れなんでしょうね。


減った原因を考えてみる
■まず単純に少子化
■ボカロ、DJ、ヒップホップ、などの『非楽器音楽』が吸収
■小泉構造改革以降の非正規雇用拡大により、若者が楽器を買う余裕を失った
■ゲーム文化が発達し、課金要素も増えたため、時間もお金もそれに吸収された
■テレビでバンド音楽が扱われない


楽器買うだけで安くても1本数万円かかって、
セッションするには人数も必要で、
わざわざ住宅ではなくスタジオに集まらなきゃならなく、
スタジオすらない田舎では更にスタジオやアンプ持ってる人に
頭下げて使わせてもらわなきゃならない
バンドとなると普通にハードル高過ぎるんですよね








バンドは一昔前の中高生が
とりあえず通り過ぎる道だったようなもんなのに
悲しいなぁ…
バンドリに影響されて楽器買う人、おる?



※44万円~49万円する『バンドリ』キャラクターコラボ楽器
00000003

バンドリ! ガールズバンドパーティ! ビジュアルブック

KADOKAWA (2018-03-30)
売り上げランキング: 71


宇宙よりも遠い場所 1(イベントチケット優先販売申券) [Blu-ray]
KADOKAWA メディアファクトリー (2018-03-28)
売り上げランキング: 9