2018.3.24 14:25

東京足立区の中学の性教育に「不適切」と都教委がブチギレ 区教委は反論 その内容は・・・



中学の性教育に「不適切」 都教委、自民都議指摘受け指導へ 区教委「ニーズに合う」

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13417424.html?rm=150
2018y03m24d_122243040

記事によると
・東京都足立区の区立中学校で今月行われた性教育の授業が、学習指導要領に照らして不適切だとして、東京都教育委員会が区教委に対して近く指導をすることがわかった。

・授業は総合学習の時間で3年生を対象に教員らが実施。

高校生になると中絶件数が急増する現実や、コンドームは性感染症を防ぐには有効だが避妊率が9割を切ることなどを伝えた。その上で「思いがけない妊娠をしないためには、産み育てられる状況になるまで性交を避けること」と話した。また、正しい避妊の知識についても伝えた。

・都教委が問題としたのは、「性交」「避妊」「人工妊娠中絶」という言葉を使い、説明した点。中学の保健体育の学習指導要領には記されておらず、「中学生の発達段階に応じておらず、不適切」(都教委)としている。

・指導要領の解説には、思春期には「男子では射精、女子では月経が見られ、妊娠が可能となることを理解できるようにする」とある。

・指導要領をもとに都が作った中学生を対象とした手引では、エイズや性感染症の予防などの項目はあるが、性交や避妊については触れていない。

・一方、足立区教委の担当者は、「不適切だとは思っていない」と言う。「10代の望まぬ妊娠や出産を防ぎ、貧困の連鎖を断ち切るためにも、授業は地域の実態に即して行われ、生徒と保護者のニーズに合ったものだ」。性交や避妊は引き続き教えるという。

・授業を実施した中学校の校長も「授業は自信を持ってやっている。自分やパートナーを大切にすることを伝える内容で、避妊方法に触れるからといって、性交をしてもいいとは教えていない」と話す。

・今回、都議会で質問したことについて古賀都議は「中学生の段階で性交や避妊を取り上げるべきではない。行政を監視するのが我々の役割で、不当介入にはあたらない」と話した。





この記事への反応



東京都教育委員会、老害たちが勝手に「清純な子供像」を作り出してないか?足立区教委のほうが正しいでしょう。。。

情報を与えない事で子どもが被害を被らないように、どのように自分を守ればよいかを教える方がよほど健全。

なんで?????

最低だな。七生養護学校事件当時と何も変わらない。

だったらどうやってHPVワクチンの必要性を説明するのでしょう?

東京都教育委員会が、他人に意見する「発達段階にはない」のはよく分かった。

これのどこが不適切なのか?1ミリもわからない。むしろ親としてはドンドンやってと思う。我々の時代はドクトルちえこ先生に学ぶしかなかったんだからさ。まさか性教育を不純だ!とか思ってる訳?

正しい知識を与えそれでももし困ったことになったらいつでも助ける、というあるべき大人の姿の真逆だ。身を守るための知識を奪いそれで何かあれば全力で隠蔽し疎外する。情けないです。

むしろ中学生を馬鹿にしてるよね。

興味持つ年頃だからこそ、正しい知識を教えるべきだ。高校だと遅いとは思う。






関連記事
日本の性教育が遅れすぎてヤバイ!なんで避妊を教えた教師がクビになっちゃうの・・・






マセた子や発育いい子は高校生や中学の頃からやることやってんだから、それに応じた性教育するべきよな
性行為自体の知識を抑えようとしても、ネット全盛期の今そんなこと不可能なんだし