2018.4.11 00:00

『日本ゲーム大賞2018』年間作品部門の一般投票受付がスタート!去年一番面白かったゲームはなに? ほぁ


“日本ゲーム大賞2018 年間作品部門”一般投票受付が開始。投票の締切は7月20日!

"日本ゲーム大賞2018 年間作品部門"一般投票受付が開始。投票の締切は7月20日!

ファンの投票で年間No.1のゲームタイトルを決定する"日本ゲーム大賞2018 年間作品部門"の一般投票受付が開始されました。




 “日本ゲーム大賞2018 年間作品部門”は、2017年度を代表するにふさわしい優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考・表彰する賞です。

 一般投票の後、日本ゲーム大賞選考委員会による審査を経て、“大賞”と“優秀賞”(該当数)の他、海外市場において高い評価を得た“グローバル賞”(国内/海外企業から1作品ずつ)、対象期間中に日本国内で最多販売本数を記録した“ベストセールス賞”(1作品)の各賞が決定します。

 投票の対象となる作品は、2017年4月1日~2018年3月31日の期間に日本国内で発売された作品です。PCやスマートフォン、はがきで投票できます。投票の締切は、7月20日です。


日本ゲーム大賞2018 年間作品部門
http://awards.cesa.or.jp/cat/cat_01.html
名称未設定 7





アイテム屋の経営とダンジョンの探索を描くローグライト「Moonlighter」の発売日が5月29日に決定、日本語にも対応予定

アイテム屋の経営とダンジョンの探索を描くローグライト「Moonlighter」の発売日が5月29日に決定、日本語にも対応予定 " doope! 国内外のゲーム情報サイト

「doope!」は、国内外の様々なゲームニュースをお届けする情報サイトです。





“Moonlighter”は、英雄を夢みるアイテム屋の主人ウィルの冒険と日常を描くローグライトなアクションRPGで、冒険者を顧客とする店舗の運営と管理に加え、商品の仕入れに必要なローグライクなダンジョン探索を組み合わせた独創的な作品で、村の復興を担う新ビジネスの立ち上げや多彩な戦闘スタイル、武器や防具のクラフトとエンチャントといった要素を特色としています。




『モンスターハンター:ワールド』ダウンロードコンテンツラインナップ Vol.2


モンスターハンター:ワールド 公式ガイドブック
KADOKAWA (2018-03-24)売り上げランキング: 622




【配信開始】『パズドラ』の山本Pが贈る新時代カードゲーム『クロノマギア(クロマギ)』がついにリリース!

【配信開始】『パズドラ』の山本Pが贈る新時代カードゲーム『クロノマギア(クロマギ)』がついにリリース! [ファミ通App]

ガンホー・オンライン・エンターテイメントの新作スマホアプリ『クロノマギア』が、2018年4月10日にリリースされた。 ▼配信記念生放送はこちら! キャラ×スキル×カードが生む無限の戦略、 ガンホーが贈る、本格対戦型カードゲーム!! キミの戦略で世界の頂点を目指せ! -------------- ▼▼ゲームの特徴▼▼ ・手軽に遊べて奥深い戦略が楽しめる本格対戦型カードゲーム『クロノマギア』! ...






「ゴーストリコン ワイルドランズ」YEAR2最初のアップデートに「スプリンターセル」のサム・フィッシャーが参戦決定!

「ゴーストリコン ワイルドランズ」YEAR2最初のアップデートに「スプリンターセル」のサム・フィッシャーが参戦決定!|Gamer

ユービーアイソフトは、PS4/Xbox One/PC用ソフト「ゴーストリコン ワイルドランズ」について、大型アップデート「Special Operation 1」の内容を公開した。




4月10日より「ゴーストリコン ワイルドランズ」ではメインゲームとPvPとPvEの「ゴーストウォー」のミッションのための限定「スプリンターセル」コンテンツ、限定カスタマイズアイテム、そして新たなPvP「ゴーストウォー」のクラスが追加されます。

プレイヤーは「スプリンターセル」の伝説的キャラクターであるサム・フィッシャーとともに未来のボリビアを舞台に高難易度のミッションへ挑みます。この新たなチャレンジはソロでも最大4人のco-opでもプレイ可能です。ゴーストたちが直面したミッションで史上最難のこのミッションを達成するには全力で臨まないといけません。




物流をテーマにした経営シム『Voxel Tycoon』開発中。鉄道を使い物流を活性化させ、輸送により大都市を築く

物流をテーマにした経営シム『Voxel Tycoon』開発中。鉄道を使い物流を活性化させ、輸送により大都市を築く | AUTOMATON

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「 Indie Pick 」。第530回目は『Voxel Tycoon』を紹介する。 『 Voxel Tycoon ...





『Voxel Tycoon』は世界中の都市間に物流網を張りめぐらせ、自分だけの輸送帝国を築きあげる経営シミュレーションゲームだ。ゲームデザインとしては『A列車で行こう』シリーズに近いだろう。都市を線路でつなぎ、物流や人々の移動を助けるため鉄道を運行させていく。バスやトラックを利用した短距離輸送も可能だ。また、炭鉱を設置して鉱石を採掘したり、工場を建設して鉱石の精錬から高度な製品の生産まで行うことも出来る。都市の需要を満たして巨大都市へと成長させ、さらなる需要の高まりと共に物流網を拡大。そうして資金を稼ぎ、自らの輸送帝国を発展させていくことが目的となる。




煽りでとどめを刺すアリーナFPS『PWND』がFree-to-Play化! 倒した敵の上でダンス♪

煽りでとどめを刺すアリーナFPS『PWND』がFree-to-Play化! 倒した敵の上でダンス♪ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

Skydance Interactiveが開発するPC向けアリーナFPS『PWND』が先日よりFree-to-Play化され、無料でプレイ可能となりました。







グランゼーラ、Nintendo Switch「不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-」発売日決定

グランゼーラ、Nintendo Switch「不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-」発売日決定 TCGとシミュレーションゲームの戦術性が融合

グランゼーラは、Nintendo Switch用トレーディングカードゲーム+シミュレーションゲーム「不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-」(以下、不如帰 大乱)を4月26日に発売する。ダウンロード専用で価格は1,000円(税込)。





「不如帰 大乱」は、カード収集やデッキ構築といったトレーディングカードゲームの自由度の高さと、シミュレーションゲームの戦術性が融合したゲーム。デッキの組み方やカードの使い方、ユニットの動かし方により、奥深い駆け引きが楽しめる。




『ギアーズ オブ ウォー』の生みの親による新作は、80年代テイストのF2Pバトルロイヤルゲーム! 『Radical Heights』がまもなく配信

『ギアーズ オブ ウォー』の生みの親による新作は、80年代テイストのF2Pバトルロイヤルゲーム! 『Radical Heights』がまもなく配信 - ファミ通.com

あらた新たなバトルロイヤルタイプのアクションシューティングゲーム『Radical Heights』が発表。日本時間の4月11日深夜より無料で配信予定。





スタジオは“Pay yo Win”(お金を払うことでゲーム的に有利になるスタイル)にはしないという方針を明言しており、その証明として約15ドルで発売予定の有料パック“Founder's Pack”から、キャッシュ(ゲーム内マネー)のブーストアイテムを削除する決定を下している(全員がゼロからのスタートのアーリーアクセスで、キャッシュブーストがあると開幕直後の装備購入などで有利に立てるからだろう)。




どういう発想? ゼリーみたいな『スーパーマリオブラザーズ』をファンが開発

どういう発想? ゼリーみたいな『スーパーマリオブラザーズ』をファンが開発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

全世界で大ヒットし、多数のクローンやパロディ、ファンメイド作品が生み出されたファミコンゲーム『スーパーマリオブラザーズ』ですが、何だかよくわからない発想のファンメイドゲーム『Jelly Mario』が登場しました。



Stefan Hedman on Twitter

Jelly Piranha Plants - scarier than the original... #jellymario #webgl #gamedev #indiedev https://t.co/0OXhAoypmU




本作は一見オリジナルのゲームを再現しただけのように見えますが、マリオをはじめとするあらゆる物体がぷるんぷるんのゼリー状態。床や土管に触れるとぐんにゃりと歪んでしまうのです。それ故にレンガブロックもハテナブロックも叩くことができません。ちなみに敵に触れると何故か粉々に爆発します。『Jelly Mario』はjellymar.ioにてブラウザ上でプレイ可能。




「グランツーリスモSPORT」、初のビジョン グランツーリスモ2台を収録

「グランツーリスモSPORT」、初のビジョン グランツーリスモ2台を収録 アウディがリアルサーキットを走る2台を公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション 4用リアルドライビングシミュレーター「グランツーリスモSPORT」において、4月9日にアップデートを実施した。






『レイルウェイ エンパイア』アナウンス&How Toトレーラー





Blizzardゲームの祭典「BlizzCon 2018」開催日決定!2018年11月2日から

Blizzardゲームの祭典「BlizzCon 2018」開催日決定!2018年11月2日から | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

Blizzard Entertainmentは、同社のゲームの一大イベント「BlizzCon 2018」を2018年11月2日から3日にかけて開催すると発表しました。






PS Vita用ソフト「アマツツミ」オープニングムービー


アマツツミ - PSVita
アマツツミ - PSVita
posted with amazlet at 18.04.10
プロトタイプ (2018-05-17)売り上げランキング: 1,150




『シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition』古川未鈴のドキドキ! 初めての都市開発! 入門編




韓国公正取引委員会、「ガチャ」などで確率誤認をもたらしたとしてネクソンらメーカー3社に罰金を請求

韓国公正取引委員会、「ガチャ」などで確率誤認をもたらしたとしてネクソンらメーカー3社に罰金を請求 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

海外紙The Korea Heraldは、韓国公正取引委員会が、ネクソンら3つのゲームメーカーに対し、「ガチャ」などにおいて確率誤認をもたらしたとして罰金を請求したと報じています。




今回罰金処分となったのは、Netmarble Games、NextFloor、ネクソンの3社。これはそれぞれの会社が運営する別のゲームに関するものです。Netmarble Gamesは、オンライン野球ゲーム『Ma9』において特定のゲームアイテムの取得率が“最大10%”と表記されていたものの、実際には5%前後であったことや、『Monster Taming』において、“1%以下”と表記されたキャラクター入手確率が実際は“0.0005%”以下であったことが挙げられています。




PS4「コール オブ デューティ ワールドウォーII」DLC第2弾「THE WAR MACHINE」が配信開始!

PS4「コール オブ デューティ ワールドウォーII」DLC第2弾「THE WAR MACHINE」が配信開始!|Gamer

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンは、PS4用ソフト「コール オブ デューティ ワールドウォーII」について、本日4月10日よりダウンロードコンテンツ第2弾「THE WAR MACHINE」を日本国内において配信開始した。