2018.4.12 23:30

クロスプラットフォームを容認しないソニーと推奨するMS。数年前まではMSが容認せずソニーが推奨する側だった



SONY NEED TO GET ON BOARD WITH CROSS PLATFORM MULTIPLAYER BEFORE THEY GET LEFT BEHIND
http://fingerguns.net/games/2018/04/11/sony-need-to-get-on-board-with-cross-platform-multiplayer-before-they-get-left-behind/
名称未設定 4


記事によると
・ソニーがクロスプラットフォームのマルチプレイを可能にすることに難色を示している。

・2年前までは、XboxはXbox、PSはPS、PCはPCとそれぞれのプラットフォーム内だけで完結しており、完全なクロスプラットフォームは夢のようなものだった。

・しかしここ数年、クロスプレイの実現は珍しいものではなくなっており、例えばArkはWin10プレイヤーがXboxOneプレイヤーと一緒にプレイできるようになった。ロケットリーグはXbox、スイッチ、PCユーザーが同時に遊べるようになった。他にもマインクラフトやフォートナイトが挙げられる。

・残念なことに7000万人のゲーマーを抱えるソニーは完全なクロスプラットフォームを実現させるための障害となってしまっている。

・昔と違い、今は技術的な互換性は問題となっていない。フォートナイトではXboxOneユーザーとPS4ユーザーが一時的に遊べる状況が発生したが、Epicが慌てて遊べなくなる対応を行っていた。

・簡単に対応できるのであれば、ソニーがクロスプラットフォームを許可しないのはなぜなのだろう?

・2011年、Xbox360が優勢でソニーがクロスプラットフォームの実現を目指していた時、アメリカの技術系大手企業はプレイヤーのために門を開く機会を拒否した。

・理由としては「品質レベルの保証と、他ハードプレイヤーを制限することができないから」だという。これは、ソニーがマインクラフトのクロスプレイを拒否する理由として挙げた「子どもたちを外部の影響から守るため」と同じようなものではないだろうか。

もしPS4プレイヤーがXboxOneプレイヤーによって不利益を被った場合(もしくはその逆)、責任はどこになるのだろうか?

・ソニーは、マイクロソフトがその問題について解決しようとしていないと考えているのかもしれない。マインクラフトに関しては、プレイヤーがXboxLiveアカウントにサインインする必要があるためソニーが納得するとは思えないが。

そもそも、ソニーがクロスプレイを本当に必要としていないという意見もある。家庭用ゲーム機市場のリーダーとして、競合他社を上回っている。クロスプレイの恩恵を一番受けるのは"他のハード"なのだ。

・しかし、ソニーにとっては残念なことだが、クロスプラットフォームのマルチプレイは標準となりつつある。

・最近では、"次世代のロケットリーグ"とも呼ばれる新作「Aftercharge」が、クロスプレイを容認しないためPS4には出さないと話している。

・Epic GamesのTim Sweeney氏はクロスプラットフォームマルチは「必然」と話す。それを止めているのは、長年ソニーとマイクロソフトの間にある"政治的な理由"なのだ。

・マイクロソフトはソニーと「仲直り」したがっているが、ソニーがそれを拒否し続けるなら、いずれ取り残されてしまうかもしれない。










関連記事
【悲報】新『マインクラフト』、全プラットフォーム統合と言いつつもPSハードだけ完全ハブ 理由は「PSとXboxはクロスプラットフォームを許容しない」から
マイクラのクロスプラットフォームを容認しないソニーとMSの攻防 ソニーの主張は「子供の安全を守るため」
MS「ソニーとマインクラフトのクロスプレイについて話し合ってる。ソニーが支持してくれるのを期待している」

エピックゲームズ「PSとXboxオーナーの間にある隔たりは必要ない」全機種間のクロスプレイ対応に意欲
XboxOne版『フォートナイト』もPS4版と同じくPC/Mac/スマホのクロスプレイに対応!!ただし、Xbox/PS4のマッチングは・・・
【あっ】フィル・スペンサー「フォートナイトをXbox-PS4間でクロスプレイできるようにしたいなぁー!」 フォートナイト公式「したいなぁー!」











クロスプラットフォームマルチのタイトル増えてきてるよね
この状況が続くのはソニーにとって痛い話かもしれない