2018.4.15 18:20

元フリーランスが「サラリーマン」を始めた結果、『ぬるゲー』だと呆然してしまう ⇒ その理由とは・・・



「会社員はぬるい」会社勤めを始めた元フリーランスが呆然
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3433737?news_ref=topiclist_topiclist
1523773647751


フリーランスとは
特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。日本では『自由業』『自由職業』『フリーランス』と呼ばれる。請け負った業務を実際に遂行する本人はフリーランサーと呼ばれる。



記事によると
フリーランスのデザイナーをしていた人物が今年4月から会社員として働くことになったが、社内にいる人たちの働きぶりを見て、「ぬるい」と呆れている

投稿者はフリーランス時代、効率を意識して仕事に取り組んでいたというが、会社に入ってみると周りの様子は自身と正反対。始業時間ギリギリに出社し、コーヒーを飲んだりネットサーフィンをしたり、「雑談の合間に仕事しているみたい」と驚いていた。

「すごいのは会社のブランディングだけで、中の人はみんなダラダラ。フリーランスで必死こいて『効率化!』『あと1時間で終わらせるぞ!』『もっと良い椅子はねえのか!?』とやっていたこっちが馬鹿みたい。こんなのに使われていたのか」
「私語せずにテキパキやったら1時間もあったらすぐ終わる。(中略)こんなとこにいたら脳みそ溶けちゃいそう」
と、自社を鋭く批判していた。

・ある会社員は投稿者の意見に賛同していた。自身も、「周りともめない程度に無難に過ごすことと、通勤に耐えることだけが仕事だから。それができたらもう仕事はほぼ終わり。脳みそ使わない。ぬるゲー極まりない」と感じているという。

・かつてフリーから会社員になった経験を持つ人は、

「会社員がヌルいということよりも、『フリーってめちゃくちゃ非効率』ということに目を向けたほうがいい」とコメント。会社員になって周りが「ぬるい」と感じるのは、それだけ様々なことが効率化されて余裕があることの裏返し、とも言えそうだ。

・この他、会社のヌルさに批判的な投稿者に対して、

「ぬるぬるやって会社から搾取できてるんだとしたらそっちの方が賢くないですか? フリーで必死こいて稼ぎが同じくらいだったら無駄な苦労では?」
「同じくらいの収入だったら、仕事なんてヌルい方がいいじゃん?」


などの意見も寄せられた。








この記事への反応



そしてヌルい環境に我慢ができず退職して再びフリーランスになる流れが見える…。質問者ただのワーカーホリックドMじゃね?

キャリコネが会社員ってぬるゲーて言うと説得力あるな

そういうぬるい会社で給料もらいたい……どこにあるか教えて

それな。そんなヌルい会社って実在するのか??ぜひ転職したい。

私は勤めから独立開業したのだけど・・・確かにね。とりあえず職場にいれば一定の給料もらえてた。今はちゃんと仕事しなきゃ収入が無いし手抜きは許されない(勤めの時も手を抜いたつもりはないけど、甘えがあった気がする)。ただ逆に、その分やりがいはあるよ。むしろ大きな会社の会社員って、自分が何やってるか解ってないんじゃないかなぁ?

会社員って事務職のことか?ヌルいなら工場でマシンオペレーターとかやって生産の最前線とかで働いてみたらいいのに








【はてな匿名ダイアリーの投稿】
「会社員ってびっくりするほど『ぬるゲー』だな」










これは間違いなく「ホワイト」だな・・・