2018.4.17 15:00

【次官セクハラ疑惑】麻生氏「本人が出てこなければどうしようもない」⇒ネットで賛否両論




前回記事
【辞任不可避】セクハラ発言疑惑の福田事務次官、公開音声は自分のものだと認める

’名乗り出ないと認定困難’
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3439392?news_ref=topiclist_topiclist#comments
1523942915261


記事によると
・麻生太郎財務相は、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑を調査するため同省を担当する報道機関の女性記者に協力を要請したことについて、「本人が出てこなければどうしようもない」と述べた。

被害者とされる女性記者が申し出なければ、セクハラと認定するのは難しいという認識を示したものだ。

性的被害では被害者が自発的に名乗り出にくいとされている。麻生氏は「次官に人権はないと言うのか」と述べ、疑惑を報じた週刊新潮の記事を一方的に信じることはできないと強調した。 






この記事への反応



女性記者の個人情報をきちんと保護しつつ、調査する事はいくらでも可能だろう。それこそマスコミが団結すれば良い。その上で、女性が被害を訴えれば、解決に向け、事態が進展するだろう。さて、ここで問題となる「女性記者」は本当に実在するのか?実在したとして隠された音声と、その女性記者の声は一致するのか。まだ結論を出す段階ではないが、結論ありきで喧伝する人達がいるようだ。

これでその「女性記者」が架空の人物だったら騒ぎ立てた連中はどんな罪になるんですかね?

一部の都合の良い編集音声ではなく、前後を含めた音声を公開しろ。そして声紋調査をして、本人かどうか確認しろ。

「被害者が分からない」「大まかな日時すら分からない」「でもセクハラはありました」いくらなんでもコレで処分求めてるのはバカとしか言いようがない、百歩譲って被害者はまだしも、日時伏せてるのはウソがバレるから以外の理由が無い

性的被害は被害者が名乗り出ない事が多く、結果として泣き寝入りになってしまう事が後を絶たないしなぁ。とは言え、被害者本人が出てこないと話しにならないのも事実だしねぇ。結論ありきで記事を出すのは、それこそフェイクニュースになりかねない。

そりゃそうじゃんw調査しないことには何が有ったのか、何が無かったのかの判断つかんやん。なのに野盗とマスゴミは「調査するな」と叫ぶ。それは被害()を受けたま~んさんのヂンケンを蹂躙する行為ではないですか?

マスゴミにも結局のところ信頼がないんだよなぁ。信頼がないから、一方的に記事の内容認めろ!ってのはもはや脅迫・恫喝の類。新潮とは関係ないTVスタッフが「セクハラはあったんだ!」と大声上げて断定して財務次官に迫っていたが、確定的な証拠持ってるならお前はよ出せよと言いたい。

モリカケもそうだけど「○○が言ってるんだから真実だ」ってあることないこと調べもせずに事実認定するの多すぎなんだよね。それに弁護士資格持ってる野党の先生方ですら乗っちゃってるのは違和感しかない。

TVがもう酷いね。自分の声じゃないと否定したと誤解するような事を言ったり、予防線なのか「ホステス相手の会話であっても、その場に女性の記者がいればセクハラですよね」とか無茶苦茶な話を展開してる。

音声の声が自分かどうかもわからないなんてありえない(笑)ってTVのコメンテーターがみんなで言ってたが、相当なナルシストでもなければ録音した自分の声なんて聴かない、分かるわけがない。現在公開されている音声は会話の断片の組み合わせで相手の声も無く、会話の流れがわからない。女性がセクハラで~被害者で~とか言い出したら、これからは女記者が言ったもの勝ちになる


















果たして名乗り出たら認めるのだろうか・・・