• 3日ランキング
  • 1週間ランキング
  • 月間ランキング


「記憶を別の個体に移植すること」が可能であるとアメフラシを使った実験で示される
https://gigazine.net/news/20180515-snail-memory-rna-transfer/




記事によると
・「記憶を別の個体に移植する」という実験に、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で生物学の教授を務めるデイヴィッド・グランツマン氏らが成功。

・アメフラシを使った実験で、個体から別の個体へ、記憶を移すことに成功したとのこと

・グランツマン氏は「もし記憶がシナプスに保存されているのであれば、私たちの実験がうまくいくことはない」と語っており、この実験結果こそが答えであると主張

・グランツマン氏は次のステップとして、「マウスのように複雑な記憶を持つ動物でも、RNAを移植することで記憶の移植が可能になるかどうかを実験する予定です」と述べる







この記事への反応



まさにマトリックスではないか

記憶っつーか、これで検証されたのは反応だけだよね

今後が楽しみ過ぎる












まずは第一歩ってところか。今後に期待





関連記事
【衝撃】オタクが大好きな推しイベントの内容をすぐ忘れてしまう理由が判明! 「昂ぶり過ぎた○○の感情を抑えながら見たものは記憶に残りにくい」
17年監禁されて記憶喪失だった男性、ついに身元が判明!「結果は受け入れ戸籍をとりたい」
【衝撃】「嫌な記憶」を「楽しい記憶」に書き換えるというマウスの実験に成功
ツイッターに「1000年前の記憶が蘇った人」が出現!!本人は証明するために前世の記憶や平安時代に関する質問を募集中
「僕は誰…?」記憶喪失の男がテレビに出演 → 視聴者「この人知り合いだ!」 → 正体が判明し無事解決かと思いきやまさかの胸クソ展開へ









コメント(48件)

1.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:30▼返信
☺️
2.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:31▼返信
ニートの記憶を移植しても何にもならないだろ
3.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:34▼返信
イラスト可愛いな
4.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:37▼返信
何に役立つんだ?
5.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:37▼返信
インチキ臭い実験だなぁ
6.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:38▼返信
記憶じゃなくて生物としての反応だろww
低レベル知能しかない生物は知能じゃなくて生きるための反応してるだけ
7.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:39▼返信
RNA以外でも同じ反応示すんじゃないの?
8.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:41▼返信
反射行動やんけ
9.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:44▼返信
※6
じゃあぶーちゃんの記憶移植出来るじゃんすげーことだよこれ
10.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:45▼返信
後は人間の記憶をデータ化して保存すりゃ不死身になれるな
11.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:45▼返信
記憶消すこともできるのか?
12.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:46▼返信
記憶ではないよねこれ。
13.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:48▼返信
馬鹿だな、記憶は脳に保存されてるんじゃないぞ。
腕の一部を移植したら移植先に腕の持ち主の記憶が移った話知らねーのかよ。
脳はただのアンテナ。
14.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:56▼返信
これを持って記憶はシナプスに存在してないとか言うのは無理がありすぎるやろ…
15.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 04:56▼返信
牧瀬紅莉栖かよ
16.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 05:03▼返信
接触者だからイントロンに記憶保存してたんやろ
17.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 05:14▼返信
すごい事なんだろうけど なんかこわいなぁ

踏み込んじゃいけない領域に進んでる気がしてこわい
18.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 05:26▼返信
ふはははは!本物だと思ったか!?本物だ。
19.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 05:28▼返信
鬼哭街かな?
魂魄転写も目前やな
20.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 05:30▼返信
記憶売る奴か
21.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 05:53▼返信
記憶の移植ができても死は克服できない
コピーが生きて本体が死ぬだけだから
22.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 05:56▼返信
専門知識もなにもない素人たちが何となくで「否定」してるの面白いなwww

23.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 06:10▼返信
>>21
人格とは記憶の連続性と定義されるからそれでいいんじゃない
記憶さえ繋がってれば本体もコピーもない
24.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 06:19▼返信
※23
コピー本人と、コピーと本物の見分けがつかない周りの人間はそれでよくても
不老不死を望んだオリジナルの方は「記憶の移植が成功したので安心して死んでください」って言われても困るだけだろ
まぁこの手の生産性のない無意味な論議は沼男で散々されつくしてるわけだが
25.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 06:22▼返信
女性の快感の記憶を男性に移植はよ
26.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 06:28▼返信
>>25
ヤバめの電子ドラッグみたいでそれイイね
27.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 06:43▼返信
ゴキちゃん達の記憶を差し替えたい
28.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 06:46▼返信
シュタゲで見た
29.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 06:49▼返信
記憶を移せる、から、記憶を作れるに発展していくと良いけどね。
どう考えても洗脳に使われる未来しか見えないけどw
30.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 06:53▼返信
これ兵士のトラウマを取り払うとか利用できそうだな
ほんでまた戦場に放り込む
31.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 07:00▼返信
シュタゲゼロでちょうどやってるなその辺の内容
32.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 07:06▼返信
すげえと思って読んだら全然記憶の移植じゃなかった
33.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 07:07▼返信
仮説が幼稚、実験が幼稚
よくこんなので発表したよな
34.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 07:10▼返信
シプナスって経路じゃなかったっけ?
こいつら頭おかしい
35.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 07:17▼返信
シュタゲか
36.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 07:24▼返信
>>34
無数にあるシナプスの反応のパターンが記憶ってのが通説でそれを否定しようってのが今回の研究だぞ
他人馬鹿にする前に少しは勉強した方がいいお前の方が頭おかしいんだから
37.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 07:30▼返信
俺の今の記憶と人格も全てCIAに埋め込まれたみんな気を付けて
38.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 08:03▼返信
なんで草生やすの?
39.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 08:09▼返信
記憶が移植されたというより、移植元のRNAに「防御しろ」というプログラムが書き込まれただけのような気もする。
40.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 08:36▼返信
アメフラシの記憶とか言われてもw
41.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 08:58▼返信
それでもクオリア問題は解決しない
42.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 10:15▼返信
記憶は直接計測できないからな〜
まだまだ怪しいわ
まあ、脳の研究全般に言えるけど 笑笑
43.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 11:01▼返信
昔から、ある学習した個体の脳をすりつぶしてほかの個体に与えることで
ある程度学習した内容を移植できるって話は在ったよ
せいぜい、光を嫌うとかその程度だったはずだけど
複雑な知識は無理だろうな
44.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 12:46▼返信
幸せな記憶を植え付ければ鬱は治る?というか死ぬ瞬間に幸せな記憶で満たして欲しい
45.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 14:01▼返信
アマデウス来るか!
46.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月16日 20:18▼返信
ワンピースって焚書すべきだよな
47.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月17日 16:30▼返信
>今回の研究の共同筆者、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のデイビッド・グランツマン教授は、研究結果は「記憶を移植したかのよう」だったと語った。

そう、あたかも記憶を移植しかのようだっただけで記憶を移植したのではない。この実験ではジャンボアメフラシに電気刺激を繰り返し与え、電気刺激を受けたら体を縮こまらせるという防御反応を取るように”訓練”した。しかしこのジャンボアメフラシの条件反射が”大脳の記憶”の結果かどうかは疑わしい。つまり脳ではなく身体的な反応である可能性が高い。例えば生きた食用ガエルの四肢を切断すると、手足は胴から切り離されたまま動き続ける。しかも棒などでつつくと、胴や頭とつながっていた時と同様に反応する。切断されたカエルの手足がそのように反応するのは、脳や筋肉に蓄積された”記憶”の結果ではない。


48.はちまき名無しさん投稿日:2018年05月17日 16:35▼返信
生物の身体がある刺激の下にある反応を示すようになった時、それは必ずしも脳の記憶によって起こっているのではないのだ。身体の部位そのもののに物理的・化学的な変化が生じている。その身体的の物理的変化の一部は当然ながら遺伝子のRNA(リボ核酸)にも反映されている。なぜそうれが当然なのか?生物の身体は常に新陳代謝を繰り返しており、古い細胞は新しい細胞へと入れ替わっていく。環境の変化に適応して身体に物理的変化が生じたのなら、それは遺伝子レベルで変更がされていないと瞬時に元の状態に復してしまうのだ。

直近のコメント数ランキング

直近のRT数ランキング