2018.5.28 14:30

【超朗報】シャーマンキングの劇中歌『恐山ル・ヴォワール』がカラオケ配信決定!!誕生の経緯から難しかった権利関係がようやく




詞だけだった劇中歌をファンが作成した経緯


恐山ル・ヴォワールとは (オソレザンルヴォワールとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%81%90%E5%B1%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB


恐山ル・ヴォワールとは、武井宏之の漫画『シャーマンキング』の一エピソードの副題、およびその中に登場する劇中詩である。またここではその詩を元につくられた初音ミクオリジナル曲についても紹介する。

当該エピソードは単行本19・20巻(完全版では15・16巻)に収録されている。主人公・麻倉葉とヒロイン・恐山アンナとの、青森県恐山での初めての出会いを描いた過去編ともいえるエピソードであり、劇中詩はその各話ラストにちりばめられ、またエピソードの終盤に登場する。

前述の劇中詩にかぴたろうが中学時代に曲をつけ、それを手直しして投稿したもの。動画イラストはmeola。原作そのままの軽妙な詩を、初音ミクが切なげに歌い上げ、特に『シャーマンキング』既読者にとっては感慨深い仕上がりとなっている。

武井宏之のスタジオスタッフによる作者半公認Twitterアカウント(takepro)に作者・かぴたろうから制作事後報告を行ったところ、同アカウントにて、武井宏之本人およびスタッフ一同で動画を視聴し、こういった創作活動についてどちらかといえば歓迎する旨、またもし恐山ル・ヴォワールが映像化される機会があったら是非エンディング曲に、といった旨が述べられ、作者公認曲としても話題になった。


林原めぐみ本人騒動について

その後、「恐山アンナ」と名乗るユーザーが同曲の「歌ってみた」を投稿。その歌声が、アンナの声優である「林原めぐみ」のものにあまりに似ていること、そして動画内で使用されたイラストが原作者・武井宏之の絵柄に酷似していたことから、大きな話題を呼んだ。

2011年11月8日、『ジャンプ改』のシャーマンキング公式サイトにて、「武井宏之先生直々の依頼により、声優の林原めぐみさんの賛同を得、作曲者に確認のうえ誕生した」との説明がなされ、名実ともに本物の恐山アンナによる「歌ってみた」であることが証明された。公式サイトのリンクはこちら。

それとともに林原めぐみ公式サイトに林原めぐみ本人からのコメントが・・・

本人じゃないと書き込んだ人。どうか恥じることのなきように。
本人だと書き込んだ人。どうか責める事をせぬように。
どちらも【愛】なのだからね。





この件が決着










この記事への反応



いやったああああああああ!!!

わっ!ずっと待ってました!!今度行ったら必ず歌います( ; ∀ ; )

アアアアアアアア待ってました!!!!!!おめでとうございます!!!!!!めちゃくちゃ嬉しい歌います!!れ

え?凄く嬉しい!! やはり1度メジャーになっちゃうと手続きが煩雑で、どうやって配信すればいいのか調べながら手続きしていく事になるんです。 この曲は歌詞は漫画からだけどその他はかぴたろうさんで、それを林原さんが歌ったって特殊な歌でしたからね、お疲れ様でした! これで公式に歌えるぞー!














カラオケからの収益をもらわないって事になったのかな?

なんにせよすばらしい!!