2018.6.11 21:30

軍歌っぽいと批判されたRADWIMPSの新曲、作詞の野田洋次郎さんが謝罪「みんなが1つになれるような歌が作りたかった」




関連記事
【大荒れ】RADWIMPS(ラッドウィンプス)の新曲が「右寄り、愛国的過ぎる」「軍歌っぽい」と物議 作詞者は「右も左もない」と主張


DfJfT3lVMAIMACq







RADWIMPSの野田洋次郎さんより

英語と日本語のメッセージをツイッターに掲載

新曲「HINOMARU」の歌詞について謝罪





DfY6zfbU8AAGQ93-orig


DfY60FVUwAAgHAD-orig


DfY60u3UEAAX_Tp-orig


DfY61YDVQAAK_pm-orig


I hate violence. I hate war.
Every time I mention something about our history, I try myself to express that. And not to go backwards, but to go forward. Some people has claimed that the song Hinomaru is an Army song. The answer is, It is not. Never.
There are no specific words in the song related to it. This song is not made to attack anyone who is in any kind of posistion or nationality.
The song Hinomaru does not express any cheering of war or violence. The lyrics is to cheer and encourage the people living in Japan although we have great earthquakes, a huge tsunami, a big typhoon, and all the other disasters. The song is to unite and to hold our hands tightly as one homeland. I apologize if there were any fans who were hurt from this song.
Some of the words were written in traditional Japanese (I do that in many songs) and maybe that was one of the reason made you feel that way.
This is my truth. No lies, not even a single lie. I’ll prove that with my actions and my career in the future. Hope you’ll understand. I’ll keep trying my best, to be the positive energy for you and this world. To be the change and to be the piece of “Peace”,always.
Love



戦争が嫌いです。暴力が嫌いです。どんな国のどんな人種の人たちとも、手を取り合いたいです。
終戦記念日やその他の歴史的な事柄を語る時、アジア各国でライブをする度、僕はなるべく自分のメッセージを伝えてきたつもりです。
時代に逆行するのではなく、前進しようと。二度と繰り返してはいけないと。
HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。
ありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません。
そのような具体的な歌詞も含まれてません。この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです。
日本の歌を歌う上で歴史の上に成り立っているこの今の僕ら、その想いものせたかったので古語的な日本語を用いたのも一つの要因かもしれません。僕は色んな曲で古語を使うので自然な流れでした。
色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした。これが僕の気持ちです。一つの嘘もありません。これからのキャリアや行動でもそうであることを証明していくつもりです。
どうか、皆さんに伝わりますように。
この先も、僕なりに自分のメッセージを伝えていきます。音楽で、活動で、この世界のプラスになるエネルギーとなれるように頑張ります。







RADWIMPSの『HINOMARU』に抗議するライブ会場前デモも企画されている模様

















この記事への反応



野田が謝る筋合いなんてこれっぽっちもないけどな。
バカなやつらが苛める対象ができたから頭に乗って、人をこき下ろしたいだけだ。
恥を知れ。


結局、なにが批判されてるのか一ミリも理解できてないんだなって絶望的になるなこりゃ...。

騒いでる奴らもかなり頭沸いてるけど、そんな連中を相手にする必要もなかったかな

よーじろーこんなことする必要ないと思うんだけどな…極端な左寄りの思想の人達が自己満足のために騒いでるだけなんだから

じゃ軍歌風味の言葉を使わなきゃよかったのに…

深読み語りアンチは聞かなきゃいいよ。なんでよーじろーが謝んなきゃなんないのか訳わからん。

気にしなくていいと思うけど。
過剰反応するのが気持ち悪いと思うだけ。


追い打ちをかけるようだけれども、自分が書いたものに対して全然わかっていないよな、としか。

愛国を感じさせる歌詞というだけで軍歌に結び付けるやつなんて頭おかしいだろ、謝る必要ないと思うけど

反日の映画や歌は無問題でこれはひどすぎる。
そのうち桜を歌詞にするだけで叩かれそうだ。
過剰反応による萎縮は弊害しかもたらさない。


言葉ですみませんでしたと言ったとしてもこれを謝罪とは言わない。歌詞を撤回なり修正なりして初めて謝罪だから。そうしろとは言わないけど、傷つく人達のことを考えたとはオレは認めない。

歌詞でアーテストが謝罪しなきゃならない時代に窮屈さを感じる。表現は自由であっていいのに・・

作品として寒い寒くないは別として、これで傷ついたり不快になったりする人ってどういう人なん?











椎名林檎さんの「NIPPON」も右翼的だって炎上したんだよな…
そこまで騒ぐことなのだろうか








カタルシスト(通常盤)
カタルシスト(通常盤)
posted with amazlet at 18.06.11
RADWIMPS
Universal Music =music= (2018-06-06)
売り上げランキング: 127