2018.6.18 18:00

日本ファルコム、上期は増収増益を達成!近藤社長「東亰ザナドゥは非常に好評だったのでフランチャイズ化したい」



日本ファルコム、上期は対前年比で増収増益 9月に『閃の軌跡』シリーズ完結作を発売
https://logmi.jp/294052?pg=1

1529292605939


記事によると
・2018年6月12日に行われた、日本ファルコム株式会社2018年9月期第2四半期決算説明会より。スピーカーは日本ファルコム株式会社 代表取締役社長 近藤季洋氏

以下、気になった部分を箇条書き

日本ファルコムは主にRPGの制作と販売を手掛けているが、このRPGは作るのが大変なジャンルである

RPGは、シナリオ、プログラム、音楽、キャラクター…とゲームに必要とされる技術とノウハウが全て必要になるジャンル。簡単に参入してすぐに作れるものではない

近年では大手がなかなかRPGでうまく売上を上げることができておらず、ジャンルから撤退していることもある。逆に私達にとってチャンスかなと考えている

弊社のRPGはすべてオリジナルコンテンツ。他社さまの作ったものは使わず、全て自分たちで制作しているので、クリエイターや社員の意欲に直結している

現時点でスタッフ50人強という少数精鋭による効率的な経営で高い利益率を維持している。確実に1年に1本新作のRPGを50人で作っていることに弊社の強みと特徴がある

『イース』シリーズは非常にロングセラーが多く、いまだに北米で20~30万本以上売れたり、リピートが長期間続いたりする

『軌跡』シリーズ全体で累計350万本を突破した。最新シリーズの『閃の軌跡』シリーズの累計販売本数は130万本

完全な新規IPとして立ち上げた『東亰ザナドゥ』は非常に好評だったので、フランチャイズ化して今後の基幹タイトルの1つとして、立ち上げていきたいなと考えている

2018年9月期第2四半期の売上高は前年同期比57.5%増加の7億1,800万円。営業利益は前年同期比158.6%増加の3億7,500万円。経常利益は前年同期比161.4%増加の3億7,600万円。当期純利益は前年同期比145.9%増加の2億7,200万円。対前年比で増収増益を達成した














ファルコムの安定感すごい
軌跡が落ち着いたら次回作はザナドゥ続編かな








英雄伝説 閃の軌跡IV 永久保存版 - PS4
日本ファルコム (2018-09-27)
売り上げランキング: 97