2018.7.4 11:45

ソニー、「NHKが映らない4Kディスプレイ(テレビ視聴可能)」を7月下旬に発売!! アプリ導入で民法が視られるぞ



ソニー、「NHKが映らない4Kテレビ」を7月下旬に発売。43インチ9万3000円から
http://socius101.com/sony-4k-tv-nhk-40588-2/
http://socius101.com/sony-4k-tv-nhk-40588-2/




記事によると
BZ35FBZ49


ソニーは業務用 (法人向け)Android 4Kテレビ「BZ35F/BZシリーズ」を、7月下旬から発売します。

今年3月に発表されるやいなや、ネット界隈で話題となった通称「NHKが映らないテレビ」。この製品、チューナーは無いので通常のテレビ放送は映りません。ただ、一般的なPCモニタやディスプレイと異なりAndroid が載っているために、「TVer(ティーバー)」など民法公式テレビアプリを導入すれば民放だけは映る代物に。

業務用とはいえ、一般ユーザーも通販で普通に購入可能。

本体価格は43インチが9万3000円、49インチが13万6000円、55インチが19万5000円、75インチが63万8000円となっています 







この記事への反応


サンキュー、ソニー!

『通称「NHKが映らないテレビ」』だそうなのだけれど、
実態は「チューナーの無いテレビ」ということらしく、
つまりは只のAndroid内蔵モニタということみたいなのでタイトル詐欺と言いたい


NHKがペイパービューにせずいつまでも無反省に
くだらない番組を垂れ流し続けている以上、仕方ない。


これモニターって奴では

モニタと最近のテレビはもはや機能が違いすぎるので、
モニタと呼ぶのは良くないよ


素晴らしい😄

これ使っててもNHKは普通に集金来ると思うよ。










「チューナーの無いテレビ」やんけ!
でも、一般ユーザーでも手の届く価格で買えるし
需要はあるんだろうなぁ