2018.7.5 22:30

ドイツの会社で18年の間に21人も死亡した怪事件発生 →ランチに毒を混ぜ続けた社員が逮捕




ドイツで18年間の間に21人も死亡した謎の会社 同僚の食事に毒物を入れる男性が見つかり逮捕


http://gogotsu.com/archives/41238
2018y07m05d_203928560


記事によると
同僚のランチのサンドイッチにこっそりと毒の粉を混ぜたとして56歳のドイツ人男性が逮捕された。この会社では過去18年間の間に21人もの従業員が死亡している。警察は容疑者が21人の死にも関係があると見ており調査中。

容疑者は若い頃からドイツ北西部シュロス・ホルテ=シュトウケンブロック会社で働いていた。5月に同僚のサンドイッチに毒を混ぜ、同僚がサンドイッチに不審な粉が混ざっているのに気付き、警察に通報。
警察がすぐに監視カメラを調べたところ、同僚のサンドイッチに何かを混ぜている容疑者の姿がはっきりと映っていた。また容疑者の荷物からは粉が入った小瓶が発見された。

この小瓶を分析した結果、重金属成分である酢酸鉛(さくさんなまり)であることが分かった。酢酸鉛は臓器に損傷を引き起こす有害物質である。家宅捜索をしたところ、容疑者の家からは水銀、鉛、カドミウムなどの重金属物質が多数発見された。

警察は、過去に死亡した21人の従業員の医療記録をもとに、死亡原因を再調査し、可能であれば埋葬されている遺体を再び掘り起こし検屍をしたいという。
死亡した従業員の中には2年間昏睡状態に陥り、死亡した人もいた。

仮に過去の21人をこの容疑者が全て殺したとなれば無期懲役は免れないだろう。ドイツでは106人の患者を殺した元看護師が終身刑を宣告された。





この記事への反応



18年間で21人死亡する会社って・・・なぜ警察や保険会社は気づかなかったのか

変な事する変な奴って世界中にいるのな…なんかの病気なんだろうね。

日本でも睡眠薬を混入していた事件があったな。

日本には何十人も過労死させて無罪放免になってる企業の社長(今は政治家)がいるらしいゾ…

酢酸鉛は古代ローマから近代にかけてサパと呼ばれる、鉛の鍋でブドウ汁を煮詰めた甘味料として使われてた。ベートーヴェンの難聴の原因ではないかとも言われてる。不自然じゃない甘さで、症状も急激なものじゃないから発見困難かも

21人死ぬ前に会社がつぶれない謎、人死んだ会社とか受けたくないとは思わないのだろうか?

日本でもこんなのあったよね…同僚の飲み物に睡眠薬混ぜて事故を誘発したり事故死させてたの…

だいたい、1年に1人ぐらいのペースでやってたんだな。













なぜ今まで検死行ってなかったんだ(困惑)
鉛ヤベエな・・・