2018.7.6 23:10

国際人権NGOアムネスティ、オウム事件7人の死刑執行に抗議声明「人権を否定し、真相究明の機会を奪う死刑は正義とは程遠い」




前回記事
【速報】「オウム真理教」の元代表・麻原彰晃、死刑執行

オウム代表・麻原彰晃に続いて幹部の井上嘉浩も死刑執行! 文春が3月に予想した「幹部13人を一斉に死刑執行」が現実になりそう



日本:正義に反するオウム事件7人の死刑執行 : アムネスティ日本 AMNESTY
http://www.amnesty.or.jp/news/2018/0706_7491.html

2018y07m06d_193049112


記事によると
今朝、オウム真理教元代表を含む元幹部7人の死刑が執行されたが、処刑は正義の実現にはなりえない。

オウム真理教は、1995年の地下鉄サリン事件のほか松本サリン事件、坂本弁護士一家殺害事件などの凶悪事件を引き起こし、元幹部ら13人が死刑判決を受けた。一連のオウム事件の死刑確定者に対して、今回が初の死刑執行となった。地下鉄サリン事件では神経ガスにさらされて13人が死亡、数千人が被害に苦しんでいる。

1日に7人の大量処刑は、近年類を見ない。彼らの犯行は卑劣で、罪を償うのは当然である。しかし、処刑されたところで、決して償いにはならない。

正義の実現には、真相究明が欠かせない。また、すべての人の人権を尊重してこその正義である。 人権を否定し、真相究明の機会を奪う死刑は、正義とは程遠い。

今朝、処刑されたのは、松本智津夫さん、中川智正さん、新実智光さん、早川紀代秀さん、井上嘉浩さん、遠藤誠一さん、土谷正実さんの7人。執行は、全国の拘置所で行われた。数人が、再審請求をしているものとみられる。

各国の人権状況を審査する国連の普遍的定期審査で、日本は死刑制度の改革を迫られてきたが、この3月、またもや勧告受け入れを拒否した。

日本政府は「世論が望む」から死刑執行は避けられない、と繰り返し主張してきた。しかし、本来、国がすべきことは、一歩踏み出して、人権尊重を主導することである。

アムネスティは、犯罪の性格や犯罪者の特質、処刑方法にかかわらず、いかなる死刑にも反対する。過去40年以上にわたり、終始一貫して死刑の廃止に取り組んでいる。

アムネスティ国際ニュース
2018年7月6日





この記事への反応



アムネスティはサリンで死亡した人の遺族や今も苦しんでいる被害者の前で同じことを主張してみてはいかがか?

二言目には人権って言いながら思考停止してるな…。自分達の考えこそ正義であると言っちゃう人達はこうも痛々しいのか…

生きている間の衣食住、設備代、医療代、消耗品等など、税金のかわりに負担をお願いします

オウム事件でも死刑反対を表明するアムネスティ。思想には賛同できないが、彼・彼女たちなりの筋は通していると思う。また、馬鹿げた政権批判や陰謀論にも走っていない。

>処刑されたところで、決して償いにはならない
オメーら「部外者」が決めることじゃねぇよ。
似非人権派の偽善者は黙っとけ。


テロリストを人権配慮してさん呼びとか怖いわ
コイツら自分の家にサリン撒かれでもされない限り本気でこんな主張掲げるんだろうな


松本智津夫の場合、死刑執行しなくても「真相究明の機会」があったかどうか

この声明を全面的に支持する。

やっぱり出してきた。ぶれないのは姿勢としては正しいのだろうが今回は分が悪いんでは







アムネスティ・インターナショナル - Wikipedia

アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は、国際連合との協議資格をもつ非政府組織(NGO)である。良心の囚人を支援、救済する運動がスタートではあるが、現在は良心の囚人関連以外にも国際法に則った難民の保護・救済活動や死刑の廃止・人権擁護などを啓発する運動を行っている。和名は「国際人権救援機構」。

資金の調達のために、アーティストたちがボランティアで描いたアートカードや便箋などのグッズや活動の内容を紹介する書籍・ビデオなどの販売を行っている。団体名「amnesty」は “大赦” の意。聖書の言葉「暗闇を呪うより一本の蝋燭に火を点せ」にちなみ、有刺鉄線の絡んだ、灯りの点る蝋燭がシンボルマーク。


アムネスティ日本について
公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本(アムネスティ・インターナショナル日本支部)は、世界中のさまざまな場所で起こっている人権侵害の存在を国内に広く伝えるとともに、日本における人権の状況について普及啓発を行っている公益法人。会員数は、2012年12月末日現在で6,541名である。事務局のスタッフは、事務局長1名、専従職員10名である。

日本の中の国際的人権団体としては、大きな規模であるといえる。しかし、欧米における高い存在感と比較すると、日本におけるアムネスティへの関心は極めて低いというのが実情である。アムネスティは公安調査庁がアムネスティ日本支部を含む40団体の活動を監視していると主張している。アムネスティ日本は隔月で、全会員、及びサポーターに対し『アムネスティニュースレター』という、A4版三段組16ページ(全カラー印刷)の機関誌を郵送しており、非会員も購読できる。













正義を決めるのはアムネスティなの?