2018.7.9 14:15

【痛快】クソ上司のパワハラを録音したICレコーダーが上司本人に発見されて恫喝 → レコーダー持ち主の新人女性の切り返しコメントがメンタル最強すぎるwwwww


話題のツイートより






パワハラ上司にICレコーダーを発見されて
「お前録音してたな?!」ってなった時に


「半年前から録音してるし会社にも労基にも弁護士にも相談済みだし
実はお前はもう死んでるんですけど?」を要約して
「さぁ何のことでしょう?ふふふ^^」って返した
新人の彼女くらい皆メンタル強く社会を生きてほしい。






彼女曰く、不当に理不尽な人に対抗するには、

①常に法と倫理に照らし合わせて正しい行動を取り続けること
②必要な知識を相手より先に仕入れて気軽に専門家に相談すること
③理不尽を働く相手に対して油断せずにしかし徹底的に見下すこと

だそうで、やはりあまり参考にならないな、と思いました。




相手を徹底的に見下す、というのは、
不当な理不尽を働くような奴の言葉に傷付く必要はないので、
メンタルの上では、なんや羽虫がうるさいな、くらいの扱いでええで、
ということだそうです。 参考にならない。












この記事への反応


パワハラという言葉で軽く捉えられがちですが、
脅迫罪、強要罪、詐欺罪に抵触するケースも多い、立派な刑法犯罪ですもん。
パワハラが常態化している零細企業では
根拠不明瞭な損害賠償訴訟なんてことも平気でやりますから、
録音は存在しているというだけで、大きなアドバンテージです。


パワハラは最低ですよね。自衛は不可欠かと思います。

男性なら 「ん~?なんの事かな?ふふふ」 ですね! (アミバ)

自分もそういう理不尽には極力抗いたい人なので、
それで不利な扱いを受けそうになったときのために
ICレコーダーを準備するところまではしたのですが、出番はまだなさそうです。
抗うのは勇気がいるしメンタルも多少やられるけど、
それでも理不尽なことを受け続けるよりはマシかなって思ってやってます。


その昔モラハラ上司にキレて聞こえるか聞こえないか位の声で
「ちっさいなあ」と呟くと「え、なな、何が??」とキョドりだしたので
「え?なんですか?」としらばっくれました。


私は自分が病むかも、て思い始めた時から、
ペン型ICレコーダー常に胸ポケットに本物のペンと一緒にさして
要所要所で録音してました。約半年。
そのお陰で、今相談してる(というか賠償請求しなもらってる)弁護士さんが
あっさり引き受けてくれました。
パワハラセクハラは言った事立証出来ないとですから


ダイヤモンドも驚く硬さ










どこもブラックな世の中だから
自衛は大事だもんね
「参考にならないけど、見習いたい強さ」って
その通りだわwwww