2018.7.9 22:00

ケント・ギルバート氏、朝日新聞に殴り込み!慰安婦英語報道で印象操作の中止を求める「報道機関として責任を持つべき」



ケント・ギルバート氏が朝日新聞に殴り込み 英語版・慰安婦報道に署名と申入書提出 「報道機関として責任を持つべき」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000001-ykf-soci

1531131877629


記事によると
米カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバート氏らは6日、東京・築地の朝日新聞本社を訪れ、約1万400筆の署名とともに慰安婦英語報道の印象操作の中止を求める署名と申入書を提出した

・朝日新聞デジタル英語版では、慰安婦問題を報じる際、「forced to provide sex(性行為を強制された)」というフレーズなどが頻繁に使用され、性奴隷を連想させているという

・「慰安婦強制連行・性奴隷説」を流布するような内容だとして、ケント氏は「海外に対して、どれだけの悪影響があるか分からない。報道機関として責任を持つべきだ」と語った

・申入書では、「forced to provide sex」の表現を今後使用しないことや、朝日新聞も2014年8月に「大誤報」と認めた吉田清治氏の虚偽証言を、英文で改めて紹介することなどを求めた

・オーストラリアで慰安婦像設置を阻止した民間団体「AJCN」代表の山岡鉄秀氏は、「撤回した記事の内容が、英語版ではまだ掲載されている。海外で日本人が受ける、さまざまな被害に直結している」と強調した





この記事への反応



朝日新聞はこの事を朝刊一面で載せて欲しいなあ

ケントさんありがとうございます。本当なら日本人がやらなければならないことです。

朝日新聞がケントギルバートを批判すると外国人差別になるのだろうか。

慰安婦問題は、強制連行と性的奴隷で間違いないだろう。ギルバード氏は誰におべっかを使っているのか。

抗議されたことの是非は別として、この人の立ち位置が今頃理解できた。
日本に帰化されたのだろうか、それとも。


いつも思う。アメリカ人のケント氏がなぜここまで日本のために動いてくれるのか。ありがたい反面、申し訳なく思う。もっと日本人自身がしっかり動くべきと思う。

やっべぇ英語わかるやつ出て来た・・って思ってるはず

日本国内では慰安婦が強制だったと思ってる人はさすがに少なくなったが、世界ではまだそう誤解されてるからな。

日本人より日本のこと心配してくれてないか

報道ステーションで、このニュース流して欲しい







ケント・ギルバート - Wikipedia

ケント・シドニー・ギルバート(英: Kent Sidney Gilbert、1952年5月25日 - )は、アメリカ人のカリフォルニア州弁護士。日本で外国人タレント、俳優、著作家として活動。

1952年にアイダホ州に生まれ、ユタ州で育つ。
1970年にブリガムヤング大学に入学。翌1971年に末日聖徒イエス・キリスト教会のモルモン宣教師として初来日。
1980年、ブリガムヤング大学で経営学修士号(MBA)、法務博士号(JD)を取得し、カリフォルニア州司法試験に合格して国際法律事務所に就職。企業に関する法律コンサルタントとして再び来日。
1983年、『世界まるごとHOWマッチ』に出演するなど外国人タレント活動を開始。一時期、メキシコ料理店や英会話学校の経営に携わった。
2015年10月22日、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。『日本人の国民性が外交・国防に及ぼす悪影響について』と題した論文では、日本人の誠実さや他者への思いやりなどを「世界標準を圧倒する高いレベル」と評価する一方、その国民性が同時に「軍事を含む外交の分野では、最大の障害になる」と論じている。


朝日新聞問題
2014年8月22日、いわゆる従軍慰安婦問題について誤報があったと朝日新聞が認めた事について、「必死の努力を続けてきた韓国人は赤っ恥をかかされた」、「報告書を提出したクマラスワミに死んでも消せない汚点が歴史上に残っちゃった」、「国連人権委員会の調査内容がいい加減だったことまでバレちゃった」等、自身のブログでコメントした。







英語版の記事、まだ内容修正されてなかったのか
朝日新聞の対応が気になる







オクトパストラベラー - Switch
スクウェア・エニックス (2018-07-13)
売り上げランキング: 1