2018.7.14 00:30

中国の業者が日本Amazonに進出する方法がヤバイと話題に「2500円で信用あるマケプレプライム業者が作れる」



台湾人のツイッターユーザーより

中国の個人や中小企業向けに日本のAmazonに進出する為のセミナーが開かれており、

その内容をツイート





中国の業者のAmazon進出手順

[1] まず、Amazonに出店すると同時に、価格の非常に安い商品(100円程度)を大量に出品する。

[2]それを、大量に作った評価用のアカウント(50以上)で購入する。

[3] 出店者は実際に商品は出荷せず出荷連絡を行い、評価用アカウント側はその出店者に星5個のレビューをつける。

[4] すると、ショップの評価が99%以上のユーザーが星×5個をつける優秀ショップになり、自社出荷だが、Amazon倉庫からの出荷と同じ信用のある「マケプレプライム業者」の資格を得て、Primeマークをつけて出品ができる。 

[5] 評価用アカウントからAmazonへの代金支払いはあるが、出店者側は商品コストも発送コストもかからない。Amazon側から商品の購入代金も振り込まれる。つまり、100円の品物を50個、評価用のアカウントに販売した場合、Amazonへの手数料(最低50円)×50 =2500円 で信用あるショップが作れる。

[6] 日本のAmazonユーザーの多くはショップの評価一つ一つを見て購入を判断せず、星の数とPrimeマークのみで判断するので、新規ショップでも最初から実績のある信頼度の高いショップと見られ、実際の商品の品質や対応に問題があったとしてもどんどん売れる。顧客の住所も容易に集め、リスト化できる。

[7] そして、自社と競合する販売者がいる場合は、そこから商品を購入し、発送連絡が来ると同時に「商品が届かない!」「品質に問題がある!」とウソの内容とともに、その販売者のレビューに星1個をつけて顧客が不安に思うレベル(星3個以下)まで評価を落とす。その後、返品・返金の手続きを行う

[8] アマゾンジャパンは、これらのあきらかに虚偽、不当なストアレビューであっても、Amazonから出荷のものでない限りは一切関与しないので、評価下げをされた業者はそのまま泣き寝入りすることになる。

[9] この評価上げ、評価下げを請け負うコンサル(と言えるのだろうか)も複数存在する。

[10] このメソッドにより、日本のAmazonユーザーは、これまでAmazonで真面目に商売を行なっていた日本の業者を信用しなくなり、新規参入の中国業者の方が高評価のパーセンテージが高いからと、そちらから商品を購入するようになっている。














この記事への反応



日本人が馬鹿にされているとしか思えない

マジか!!これは気をつけないと・・・。

アホみたいに安い商品たまに出して送らないやつこれか

なんか不思議なレビューを見たことあるから、これで納得いく部分があるな。アマゾンとしては対策は難しいんだろうな。

よく中国がやる手口ですよね。これ・・・。

うわっ。。。
こういうの中国人は本当に汚いけどうまいよなあ

こういうしたたかさは見習うべきだわ
日本人はお人好しすぎる


もう何も信じられない

amazonユーザーなら必読
分かっちゃいたが最低だな


Systemを逆手に取った戦略と言えば聞こえは良いが、ただの詐欺師の手管に見える。

市場の信用もタダでは築けませんよ、Amazon Japanさん?


評価者の名前が日本人フルネームになっているのは中国人のサクラ。

なるほど、腹が立つというのを通り越して感心する。

2500円でAmazonショップの信用が買えちゃうなんてすごいなあ

マケプレ使わないor実店舗や他のネットショップにも出店してる業者のみ使う、とかで自衛するしかないですねえ。











えげつないけど賢い
対策しないAmazonにも問題あるのでは